ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

変形性膝関節症(関節可動域評価)

こんにちは、Adettoの森です。

今回のテーマは「関節可動域評価」です。

1、患側の膝関節屈曲・伸展可動域だけではなく、

反体側の膝関節可動域、両側の股関節、脚関節、肩関節の

可動域を測定する。

2、関節可動域の終末抵抗感は、その制限因子を推測する上で

重要な情報をもたらします。

3、膝関節の主運動は屈曲・伸展であるが、同時に副運動として

前後の並進運動と水平面での回旋運動が起きます。

副運動を触診することで、確かめることが重要となります。

特に重度の変形性膝関節症では副運動が生じないために

可動域制限をきたしていることがあります。

4、関節可動域制限が何度起こっているかということよりも、

なぜ関節可動域制限が起こっているのかという原因を

追究することが重要となります。

5、膝関節伸展制限は、歩行時に重篤な運動学・運動力学的問題を

引き起こす要因になります。

わずかな膝関節伸展制限も正しく評価し、膝関節屈曲にも関与する

筋群の筋緊張亢進、脛骨と大腿骨の水平面alignment異常、

半月板や関節包などの関節構成体の問題なのか、という原因を

絞り込んでいきます。

 

出張パーソナルトレーニング専門 Adetto


TEL:03-3715-2808(24時間電話受付対応)

E-mail:info@adetto.jp

HP://www.adetto.jp/

変形性膝関節症(膝関節の触診)

こんにちは、Adettoの森です。

今回のテーマは「変形性膝関節症の膝関節の触診」です。

1、膝関節弛緩性テスト

変形性膝関節症では関節弛緩性が認められます。

評価では前後および内外反の動揺性を確認します。前後の弛緩性は

ラックマンテスト、内外反動揺性は内反・外反ストレステストを行います。

2、膝蓋骨化同棲と膝蓋跳躍

徒手で膝蓋骨の可動性を調べると同時に、膝関節水症の有無を確認します。

膝関節水症が存在すると、関節原性抑制によって大腿四頭筋低下や萎縮を

引き起こすので、関節穿刺を行います。

3、圧痛

大腿骨顆部と脛骨上関節面の外側縁は膝関節屈曲位で触診可能です。

触診によって骨棘形成や圧痛部位の場所を評価します。また、大腿骨顆部関節面は

膝関節屈曲位で触診可能であるため、圧痛は関節軟骨の変性や摩耗を反映している可能性が高く、

圧痛部位から関節軟骨病変部位を推測します。

4、膝関節運動時痛

近年の研究で、変形性膝関節症の多くは半月板の変性断裂を伴うと報告されています。

したがって変形性膝関節症疾患患者が訴える疼痛には、半月板由来の疼痛が関与していることは

否定できません。

膝関節運動は半月板の運動を伴うため、膝関節運動から半月板変性断裂の有無を推測します。

膝関節伸展運動時の膝前方の疼痛の訴えは、半月板前方部分の変性断裂を、屈曲運動時の膝窩の

疼痛の訴えは、半月板後方部分の変性断裂を疑います。

 

出張パーソナルトレーニング専門 Adetto


TEL:03-3715-2808(24時間電話受付対応)

E-mail:info@adetto.jp

HP://www.adetto.jp/

変形性膝関節症(情報収集)

こんにちは、Adettoの森です。

今回のテーマは「変形性膝関節症の情報収集」です。

問診による情報収集には3つあります。

1つ目は、

現在の疼痛部位、疼痛の状態、機能障害の状態を明らかにする。

2つ目は、

症状発現に至る何らかの要因が必ず存在します。

例えば、長時間の正座後から違和感が生じた、

段を踏み外して足を伸ばした状態で全体重を受けた、

体重が増加したなどがあります。

3つ目は、

過去の既往を明らかにする。特に、膝関節や腰痛の既往を

必ず把握します。脊椎圧迫骨折の既往は姿勢に影響を与えるため

必ず確認します。

画像による情報収集

画像による情報収集は、2つあります。

1つ目は、

X線による変形性膝関節症の病気進行を確認します。

膝関節裂隙の維持・現象段階(K/L分類のⅠとⅡ)を確認する。

その場合、膝関節に生じる関節合力を減少させ、進行を防止する。

膝関節狭小化・閉鎖の段階(K/Lの分類のⅢ・Ⅳ)では、

歩行能力や生活障害の改善をゴールとして目標づけます。

2つ目は、

MRIによって関節内構成体の損傷を確認します。

疼痛誘発テストによって症状と関節構成体損傷との因果関係を結びつけます。

 

出張パーソナルトレーニング専門 Adetto


TEL:03-3715-2808(24時間電話受付対応)

E-mail:info@adetto.jp

HP://www.adetto.jp/

変形性膝関節症(評価)

こんにちは、Adettoの森です。

今回は「変形性膝関節症(評価)」となります。

評価方法は主に6つあります。

1つ目は、立位荷重線(ミクリッツ線)です。

大腿骨頭中心と足関節中心を結んだ線、下肢機能軸と呼ばれることもあり、

荷重線が膝関節面を通過する位置を表すことができます。

変形性膝関節症では立位荷重線は、膝関節内側を通過しています。

2つ目は、大腿脛骨各の(FTA)です。

大腿骨と脛骨骨幹部の長軸のなす膝外側角であり、正常成人のFTAの正常値は

男性で175~178度、女性で172~176度の範囲です。

変形性膝関節症はこのFTAは大きくなります。

3つ目は、関節合力と外部膝関節内反モーメントです。

関節合力とは関節反力や関節間力とも呼ばれ、床反力、筋収縮力

(主に大腿四頭筋、ハムストリングス、腓腹筋)によって生じる大腿骨と脛骨間に

発生する力を合成したものをいいます。歩行時の膝関節合力は、内側

コンパートメントとが外側コンパートメントで平等に分散されているのではなく、

内側コンパートメントに生じる関節合力は、外側コンパートメントのそれと

比較してやや大きいとされている。

この膝関節内側コンパートメントにお生じている関節合力を表す指標として

外部膝関節内反モーメントがあります。

臨床的には身体重心の位置と膝関節中心地の距離によって推定できます。

変形性膝関節症では外部膝関節内反モーメントは大きくなります。

4つ目は、姿勢です。

本疾患には姿勢が大きく影響しています。内側型変形性膝関節症に多く認められる姿勢は

2つあります。1つは脊椎椎後湾・骨盤後傾に伴う膝関節内反変形です。

2つ目は、胸椎後湾・腰椎前弯・骨盤前方変位に伴う膝関節内反変形です。

5つ目は、膝関節副運動です。

膝関節の主運動は、屈曲・伸展です。転がり運動である屈曲・伸展に伴い、水平面上で大腿骨と

脛骨の回旋運動と前後の並進運動が同時に起きます。

この副運動によって中心軸の移動が生じ、膝関節運動が保障されています。

変形性膝関節症では膝関節副運動は減少します。

6つ目は外側スラストです。

歩行の初期接地から荷重応答期にかけて急激に膝関節が外側に移動する現象です。

内側型変形性膝関節症では外側スラストは外部膝関節内反モーメントの増加や進行を

助長する要因となります。

 

出張パーソナルトレーニング専門 Adetto


TEL:03-3715-2808(24時間電話受付対応)

E-mail:info@adetto.jp

HP://www.adetto.jp/

変形性膝関節症(画像所見)

こんにちは、Adettoの森です。

更新が遅くなってしまいました…

今回は「変形性膝関節症の画像所見」です。

X線所見では、関節裂隙の狭小化・軟骨下骨硬化像・骨棘形成・

脛骨関節面の外側偏位などが認められます。

MRI所見では骨嚢胞、骨壊死、半月板変性断裂などが確認できます。

 

出張パーソナルトレーニング専門 Adetto


TEL:03-3715-2808(24時間電話受付対応)

E-mail:info@adetto.jp

HP://www.adetto.jp/

変形性膝関節症(分類編)

こんにちは、Adettoの森です。

前回から間が空いてしまいました…

今回は「変形性膝関節症の分類編」となります。

分類は、

一次性(原発性)関節症と二次性(続発性)関節症の二つがあります。

一次性関節症は、

明確な発症原因は不明ですが、股関節のmalalignmentによることが多いです。

骨盤の傾斜は大腿骨頭に対する臼蓋の被覆率に影響を与え、関節面の適合と安定性に関わります。

骨盤の傾斜は脊柱のalignmentに影響を受けます。

腰痛疾患や姿勢の影響が骨盤の傾斜を変化させ、股関節のmalaligmentを生じさせます。

二次性関節症は、

日本では二次性のものが多く、

①先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全などの先天的な関節面不適合に続発して発症するものです。

②ペルテス病、大腿骨頭壊死などのように疾病の発症後に関節面不適合が起こり、これに続発して

発症するものです。

③血友病、関節リウマチ、化膿性股関節炎などのよう関節内を破壊する疾患による軟骨損傷に続発

して発症するものです。

④股関節内骨折など外傷に続発して起こるものをいいます。

X線所見では、

関節裂隙の狭小化・軟骨下骨硬化像・骨棘・骨嚢胞の出現・大腿骨頭変形などがみられます。

 

出張パーソナルトレーニング専門 Adetto


TEL:03-3715-2808(24時間電話受付対応)

E-mail:info@adetto.jp

HP://www.adetto.jp/

変形性膝関節症(症状編)

こににちは、Adettoの森です。

前回に引き続き「変形性膝関節症の症状編」となります。

変形性膝関節症は初動時に著しい関節運動時痛・荷重時疼痛・運動制限・可能域低下・周囲筋の

筋力低下をきたします。

滑膜炎を伴うことも多く、関節水腫を呈します。FT関節やPF関節の疼痛・圧痛が特徴的ですが、

これに対する逃避性の代償動作により膝関節周辺の様々な部位にも疼痛を呈します。特に、

大腿直筋の緊張亢進による膝関節伸展モーメントの増大は、膝関節の各組織に種々のメカニカルストレスを

加え、膝周囲の疼痛増大をもたらします。

 重症度分類としてKellgren-Lawrence grading scale(K/L分類)が知られています。

障害構造としては歩行、椅子からの立ち上がり、立位から椅子への座り込み、しゃがみ込み、階段昇降など

移動動作を主とする日常生活活動(ADL)が制限されます。

次回は、変形性膝関節症の原因の分類について記載したいと思います。

 

 

出張パーソナルトレーニング専門 Adetto


TEL:03-3715-2808(24時間電話受付対応)

E-mail:info@adetto.jp

HP://www.adetto.jp/

変形性膝関節症(原因編)

こんにちは、Adettoの森です。

約5カ月ぶりの更新となってしまいました。

今回は「変形性膝関節の症の原因」について記載していきます。

原因

変形性膝関節症は、大腿骨頭と寛骨臼の関節面の適合が一致しなければ関節運動や荷重は

膝関節への負荷となり、関節内に炎症性サイトカインが出現して炎症が起きます。

滑膜細胞などからタンパク質分解酵素(MMP)やアグリカナーゼが分泌され、硝子軟骨の細胞外器質が

分解されます。

 このような過程が長期間にわたって繰り返されると、硝子軟骨の粘弾性失われ、荷重などの物理的刺激に

対する抵抗性は著しく低下します。このような状態に陥った関節軟骨に関節運動や荷重が加わると、硝子軟骨の摩耗・

亀裂やアポトーシスによる軟骨細胞の消失などが起こり、関節烈隙の狭小化をきたします。

関節面の適合不一致はさらに悪化し、病態が進行していきます。軟骨下には荷重負荷の圧縮力により

像牙状硬化します。荷重部に一致して嚢胞状の骨破壊が起こり、骨嚢胞が出現します。

関節を安定化させる修復機転として非荷重部に骨増殖性変化が起こり、骨棘が形成されます。

これが膝の痛みとなり、荷重や運動時に痛みが伴います。

 

 

出張パーソナルトレーニング専門 Adetto


TEL:03-3715-2808(24時間電話受付対応)

E-mail:info@adetto.jp

HP://www.adetto.jp/

変形性膝関節症(股関節の筋編)

こんにちは、

Adettoの森です。

更新が遅くなりまして申し訳ございません。

今回のテーマは「股関節の筋」です。

股関節の筋肉には大きく分けて、大腿四頭筋、ハムストリングス、縫工筋、薄筋、膝窩筋、腓腹筋があります。

大腿四頭筋(二関節筋)

*二関節筋とは、二つの関節にまたがっており、一方の関節で伸展し、もう一方では短縮するというような複雑な

筋活動が行わており、短縮と弛緩のタイミングがずれたときには損傷が起こしやすい骨格筋でもあります。

起始:下前腸骨棘

停止:膝蓋骨

作用:OKCとしては、膝関節伸展、膝蓋骨後傾、股関節屈曲に作用

   CKCとしては、膝関節伸展、膝蓋骨後傾、骨盤前傾に作用

*OKCとは、開放運動連鎖ともいわれ、非荷重位での単関節運動をいいます。

*CKCとは、閉鎖運動連鎖とも言われ、荷重位での多関節運動をいいます。

大腿四頭筋.jpg

 

変形性膝関節症(膝蓋大腿関節の運動編)

こんにちは、Adettoの森です。

今回は引き続き、変形性膝関節症の「膝蓋大腿関節の運動編」になります。

膝蓋大腿関節の運動は、屈伸運動の際に、大腿骨の膝蓋大腿関節面上を膝蓋骨が

滑動することをいいます。

 膝屈曲時に膝蓋大腿(PF)関節圧は上昇し、最大屈曲時で最大圧となります。

PF関節の運動.gif

膝蓋大腿関節運動には、Q角というのがあり、Q角とは、大腿骨長軸と膝蓋腱長軸のなす

角度をいいます。

Q角.jpg

 Q角が大きいと膝蓋骨は膝関節伸展時に外上方に亜脱臼する傾向があります。

大腿骨の外顆隆起、内側膝蓋支帯の張力、半月膝蓋靭帯の張力が十分であれば亜脱臼は

しません。

膝関節屈曲時ではスクリューホーム運動によりQ角が減少することに加え、

膝蓋骨が大腿骨関節面に圧迫固定されて安定するために圧脱臼しません。

 

出張パーソナルトレーニング専 Adetto


TEL:03-3715-2808(24時間電話受付対応)

E-mail:info@adetto.jp

HP://www.adetto.jp/