ホーム>スタッフブログ>変形性膝関節症(関節可動域評価)
スタッフブログ

変形性膝関節症(関節可動域評価)

こんにちは、Adettoの森です。

今回のテーマは「関節可動域評価」です。

1、患側の膝関節屈曲・伸展可動域だけではなく、

反体側の膝関節可動域、両側の股関節、脚関節、肩関節の

可動域を測定する。

2、関節可動域の終末抵抗感は、その制限因子を推測する上で

重要な情報をもたらします。

3、膝関節の主運動は屈曲・伸展であるが、同時に副運動として

前後の並進運動と水平面での回旋運動が起きます。

副運動を触診することで、確かめることが重要となります。

特に重度の変形性膝関節症では副運動が生じないために

可動域制限をきたしていることがあります。

4、関節可動域制限が何度起こっているかということよりも、

なぜ関節可動域制限が起こっているのかという原因を

追究することが重要となります。

5、膝関節伸展制限は、歩行時に重篤な運動学・運動力学的問題を

引き起こす要因になります。

わずかな膝関節伸展制限も正しく評価し、膝関節屈曲にも関与する

筋群の筋緊張亢進、脛骨と大腿骨の水平面alignment異常、

半月板や関節包などの関節構成体の問題なのか、という原因を

絞り込んでいきます。

 

出張パーソナルトレーニング専門 Adetto


TEL:03-3715-2808(24時間電話受付対応)

E-mail:info@adetto.jp

HP:http://www.adetto.jp/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.adetto.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/44