ホーム>スタッフブログ>変形性膝関節症(膝蓋大腿関節の運動編)
スタッフブログ

変形性膝関節症(膝蓋大腿関節の運動編)

こんにちは、Adettoの森です。

今回は引き続き、変形性膝関節症の「膝蓋大腿関節の運動編」になります。

膝蓋大腿関節の運動は、屈伸運動の際に、大腿骨の膝蓋大腿関節面上を膝蓋骨が

滑動することをいいます。

 膝屈曲時に膝蓋大腿(PF)関節圧は上昇し、最大屈曲時で最大圧となります。

PF関節の運動.gif

膝蓋大腿関節運動には、Q角というのがあり、Q角とは、大腿骨長軸と膝蓋腱長軸のなす

角度をいいます。

Q角.jpg

 Q角が大きいと膝蓋骨は膝関節伸展時に外上方に亜脱臼する傾向があります。

大腿骨の外顆隆起、内側膝蓋支帯の張力、半月膝蓋靭帯の張力が十分であれば亜脱臼は

しません。

膝関節屈曲時ではスクリューホーム運動によりQ角が減少することに加え、

膝蓋骨が大腿骨関節面に圧迫固定されて安定するために圧脱臼しません。

 

出張パーソナルトレーニング専 Adetto


TEL:03-3715-2808(24時間電話受付対応)

E-mail:info@adetto.jp

HP:http://www.adetto.jp/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.adetto.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/33